ハイチオールCプラスの使用方法

 

使用上の注意

 

ハイチオールCプラスを安全に使う為に

服用後に皮膚に発疹や吐き気・おう吐・腹痛が起こった場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用をやめ説明書を持参のうえ医師・薬剤師または登録販売者にご相談してください。

 

ご相談のうえ症状が治まった場合は、一度食べ合わせも考慮して服用してみてください。

 

ビタミンCの性質上蓄積はありませんが、
ビタミンCが大量に摂取された場合にも類似した症状が見られます。

 

また、服用後に下痢の症状があらわれる場合があるので、このような症状が続いたり、増強するようなことが見られた場合には、服用を中止し説明書を持参のうえ医師・薬剤師または登録販売者にご相談してください。

 

ご相談のうえ症状が治まってきた場合は、パントテン酸カルシウムの過剰摂取による排泄症状に酷似していますので、ビタミンB群の摂取バランスを見直してみてください。

 

 

専門家へ診てもらう場合

本剤の服用により、尿及び大便の検査値が影響を受けることがあります。

 

他の疾患や定期健診などで医師の診察を受ける場合は、ビタミンCを服用していることを医師にお知らせください。

 

告知せずに検査を受けると、ブドウ糖、潜血、ビリルビン、亜硝酸塩はその作用が弱められ偽陰性となり、血尿や腎臓病や妊娠の発見が遅れる場合もありますので、検査する前にはお伝えしましょう。

 

 

保管及び取扱い上の注意

ハイチオールCプラスを安全に使う為に

  • 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にビンのフタをよくしめて保管してください。

    ビタミンCの破壊につながり、品質が維持できません。

  • 小児の手の届かない所に保管してください。

    誤飲等にお気を付け下さい

  • 他の容器に入れ替えないでください。

    誤用の原因になったり品質が変わることがあります。

  • 本剤をぬれた手で扱わないでください。

    ぬれた手で扱うと、糖衣にムラができたり、変色したりすることがあります。

  • ビンの中のつめ物は、輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。

    開封後は不要となりますので取り除いてください。

  • 使用期限をすぎたものは服用しないでください。

 

 

 

 

関連ページ

ハイチオールCプラスをオススメする理由
ハイチオールCプラスの飲みやすさや効果の詳細がまとめられているページです。忙しい方でも定期的に服用できる仕様となっておりますので、気軽にはじめることが出来ますよ。
ハイチオールCプラス 成分・副作用について
ハイチオールCプラスの成分と副作用が気になる方はこちらをチェックください。成分の詳細はもちろんのこと、こういう場合は副作用か?についても掲載中。
ハイチオールCプラスを買いたい方へ
ハイチオールCプラスの買い方(価格)と、よく挙げられる質問のまとめが掲載されたページです。商品自体は薬局・通販どちらでも販売しておりますので手に取りやすいのが魅力の一つですね。