ハイチオールCプラスを飲む前に

 

ハイチオールCプラスの成分

 

ハイチオールCプラス 成分・副作用について

 

ハイチオールCプラスに含まれている成分は以下の通りです。

 

  • L−システイン 240mg
  • アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
  • パントテン酸カルシウム 24mg

 

他添加物

無水ケイ酸、セルロース、乳酸Ca、白糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、炭酸Ca、カルナウバロウ、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、トウモロコシデンプン、プルラン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール

 

これらの相乗的な効果効能として、

  • シミ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症
  • 全身倦怠感
  • 二日酔い
  • にきび・湿疹・じんましん・かぶれ・クスリまけ

に効果が期待されます。

 

 

成分の詳細について

 

L−システイン

タンパク質の素の20種類のアミノ酸の一つで、特に肝臓の働きや皮膚を新しく生み出すためには必要な成分です。

 

人の体には、たんぱく質を構成するアミノ酸として髪や爪に多く含まれています。

 

また、L-システインには、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果があります。

 

肝臓の解毒機構で重要な働きを持つ構成成分にもなります。

 

そのため、L-シスチンが不足すると、皮膚炎やシミの原因となるほか、爪がもろくなる、髪が抜ける、解毒力の低下などにつながってしまいます。

 

 

アスコルビン酸

またの名をビタミンCといい、皮膚や筋肉、骨、血管などのコラーゲンの生成に必要で、抗酸化物質として全身を酸化ストレスから守ります。

 

つまり、皮膚や血管の老化を防ぎ免疫力を高める働きを持つビタミンで、コラーゲンの合成によって働き骨を丈夫にしたり、肌にハリを持たせる効果もあり、シミ予防などの美肌効果や抗ストレス効果の様な多忙な作用をもっています。

 

ビタミンCは水溶性で、水に溶けやすく熱や空気、などでこわれる性質があるため、食品の洗う・切る・加熱するなどの調理で減少してしまいます。

 

体内での消費も激しいので、十分に摂取することが必要です。

 

そんなビタミンCは消費されずに体の中で余った場合は、体内に蓄積されず尿中に排泄されてしまいます。

 

ですので、毎日こまめに補給することが必要です。

 

 

パントテン酸カルシウム

三大栄養素である炭水化物 (糖質)、たんぱく質、脂質の代謝を助け、エネルギーをつくる手伝いをしています。

 

また、様々なビタミンと協力し、生命バランスの維持と皮膚を助ける栄養素として期待できます。

 

さまざまな食品に含まれている成分ですが、パントテン酸カルシウムが不足すると疲労感や頭痛、食欲不振、手足の感覚異常を起こすことがあります。

 

摂り過ぎたパントテン酸カルシウムはすぐに尿として排泄されるので過剰症や蓄積の心配はなく、多めに摂った場合でも特に問題ありません。

 

 

副作用

 

  • のどの渇き
  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛

 

ハイチオールCプラス 成分・副作用について

ハイチオールCプラスの成分であるL−システイン・ビタミンC・パントテン酸カルシウム、特にビタミンCやパントテン酸カルシウムは過剰に取りすぎた場合でも体に蓄積されずに体外、尿中に排泄されまたL−システインはアミノ酸なので様々なところで消費活用されています。

 

ですので、この副作用は一時的なビタミンCの過剰によるところが多く、日頃からビタミンCを多く取っている方や食事の内容によって強く引き起こす場合があります。

 

副作用を引き起こさないためにも、他のサプリメントやお薬の使用の際は医師や薬剤師、登録販売者にご相談のうえ服用してみてください。

 

症状のきつい場合や症状が長引く場合はすぐに医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。

 

 

用法・容量

 

1日3回 水またはぬるま湯にて服用してください。

 

成人(15歳以上)は一回2錠 7〜14歳は一回1錠 7歳未満は服用しないこと。

 

用法・容量を守り、服用時間は食前・食後どちらでも構いません。

 

小児に服用させる際には、保護者の指導管理のもとに服用させてください。

 

関連ページ

ハイチオールCプラスをオススメする理由
ハイチオールCプラスの飲みやすさや効果の詳細がまとめられているページです。忙しい方でも定期的に服用できる仕様となっておりますので、気軽にはじめることが出来ますよ。
ハイチオールCプラスを安全に使う為に
ハイチオールCプラスを飲むことで発生する可能性がある症状についてです。こんな時どうすればいい?についてお答えしておりますので困ったときにお使いください。
ハイチオールCプラスを買いたい方へ
ハイチオールCプラスの買い方(価格)と、よく挙げられる質問のまとめが掲載されたページです。商品自体は薬局・通販どちらでも販売しておりますので手に取りやすいのが魅力の一つですね。